イチローのボール球、そしてキンモクセイ

 野球のイチローの話しがネットに出ていました。
 
 4月に最高安打を達成して、しかし、そのときに、相当ボール球に手を出していたのだそうです。
 ストライクをダイレクトに打てばヒット、でも、そのままならボールとなる球も、打てばヒットです。
 ボール球に手を出しても、ヒットとなれば、逆に自分のストライクゾーンが広がった、
 つまり、腕が上がっている、と見ることもできるわけです。

 でも、基本、ボール球に手を出しては、打率としてはマイナスです。

 そのときの、自分と球筋の見極め方が大事ということになります。

 イチローのような大選手でも、それが大変なことなのだなあと思います。

 ☆  ☆  ☆

 専門家として仕事をしていて、
 自分のストライクゾーン=得意分野、お客様に貢献できるお役立ち分野と、
 ご依頼主であるお客様とお仕事が、ほんとうにマッチングしているかどうか、
 見極めることにも、これは通じています。

 自分の力の可能性の範囲を見誤って、あれもこれもと手を出しても、お客様に迷惑をかけてしまうでしょう。
 一方、守備範囲を限定しすぎても、深度ある成長はないでしょう。
 深く、広く、どこまで専門家としてのストライクゾーンを設定できるかにかかります。

 そして、もうひとつは、お客様の見極めです。

 そのお客様がほんとうに欲しているのは、どんな専門家なのか。
 例えば、税理士登録している税務専門家は、7万人もいます。
 その中で、お客様は、せいぜい数人、せいぜい数社の専門家と巡り会えればいいのです。
 たった一人、たった1社の専門家でも、ベストマッチングであれば、それでもいいのです。

 それは、弊社なのか、そうでないのか。
 弊社が、そのお客様のお仕事をお受けするのが、ほんとうに、いいことなのか。

 お客様は弊社をご覧になり、弊社もお客様を拝見する。
 その中で、かけがえのない信頼関係を築き、お客様の未来を一緒に開いていけるのかどうか。

 これまで、弊社が担当させていただいているお客様は、そうして一緒に進んできたお客様です。
 熱い信頼関係のもとに、一日、一日、お仕事をさせていただいていること、
 とてもありがたく幸せなことだと、感謝しています。
 
 でも、新たな出会いの中では、この見極めが必要になる局面があります。
 大切な出会い。
 だからこそ、しっかりと受け止めて、精一杯お役に立てる、そんな出会いをしたいと思うのです。

 そんなことを思いながら、イチローの話し聞きました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所のそばの港区立南桜公園
 新橋の喧噪の真ん中に、すぽんと、こんな空間があります。
 芝生が広がって、のんびりできる公園です。
d0054704_184756.jpg




















 

 
 公園のぐるりを囲んで、キンモクセイがまっさかりです。
d0054704_1153020.jpg

by expresstax | 2011-10-19 23:44 | 税理士  

<< 有料老人ホーム入居と相続税特定... 調べる調べる・・・、そして新宿御苑 >>