ご相談、ご相談、ご相談、そしてお土産をありがとうございました。

 お客様からのご相談が続きます。
 今週は、シルバーウィークとのことで、平日が限られていて、
 アポが連続してしまいました。

 こんな時代だからでしょうか。
 お客様はそれぞれに思い悩み、迷い、手探りの努力をなさっています。
 だからこそ、ご相談が増えているのだろうと思います。

 弊社の特徴は、いわゆる担当者制をとらず、
 企業税務と資産税務の、この道20数年の我々ベテラン税理士が、
 直接お客様に、最初から最後まで、べったり貼り付いて、
 実は、日本最高のデータベースを元に、
 最新・最上の税務を直接ご提供できることです。

 進行案件では、お客様が、がっちり意思決定。
 さすがです。拝察していたとおり、迷いがありません。
 ゴーサインです。
 よしきた、合点!進めましょう! 江戸っ子のノリです。

 ご相談案件は、最初は多少、こちゃこちゃっとしていますが、
 じっくりじっくりお話を伺ううちに、
 お客様ご自身で、どんどん、決断が進みます。

 そう、一見、税理士がアドバイスをしているようですが、
 実は、税理士は走るお客様の伴走をしているに過ぎません。

 税理士に語るうちに、
 問題の後と先、全体感、
 虫の目、鳥の目、魚の目、コウモリの目で、
 問題が時間軸を含めて4次元で見通せるようになり、
 まるでモーゼの前に、海が道を開くように、
 解決の道筋が広がるのです。

 それは、お客様ご自身のお力なのです。
 税理士は、その横で、伴走し、ナビゲーションを果たしているだけなのです。
 
 目の前が多少混乱してきても、
 税理士に話しながら、
 数字を当てて、電卓を叩いて、実際数字を算定してみると、
 そうか、じゃあ、こうしよう、と、
 また決断が進みます。

 曖昧で、抽象的で、もやもやしてうっとうしく重かった問題が、
 数字によって、
 リアルに、わかりやすく、輪郭がはっきりした形で解析でき、
 解決に繋がっていくのです。

 何か困ったことがあったって、
 税理士にサンドバッグのようにぶつけてみれば、
 なぁんだ、たいしたことじゃない、とわかるものなのです。

 ね。
 税理士って、そうやって使うものなのですよ。

 お越しいただくたびに、
 一歩一歩進んで、プランができあがってきて、それがどんどん実現して、
 晴れ晴れと、明るいお顔でお帰りいただけます。

 そんなお客様の笑顔を、エレベーターホールでお見送りしながら、
 よかったなあ、と、今日も嬉しくなってしまいました。

 「こんな時代」だからこそ、早期に手を打って、
 一歩先んじて前進してしまいます。
 こんな時代だからこそ、真剣に問題解決に向き合えるんです。

 これは、いわば、チャンスなんです。

 さ、一緒に前に進みましょう!

 ☆  ☆  ☆

 お客様からお土産をいただいてしまいました。
 
 お菓子のホームラン王です。
 このときは、ちょうど3万字の論文の執筆中で、パクパクいただきながら
 書き進めました。ありがとうございました。
d0054704_0335130.jpg





















 なんと、「茅乃舎だし」です。自宅で、おいしく料理に使わせていただいています。
 このお出汁で食事すると、人生充実しますね。
 ありがとうございました。
d0054704_0353056.jpg














 青木定治さんの人気のお菓子をいただきました。
 さっそくごちそうになりました。
 お心遣い、ありがとうございます。d0054704_0415088.jpg

by expresstax | 2011-09-22 23:08 | お客様  

<< 年初来安値の日本株、投信。そし... シルバーウィークと台風と、そし... >>