原爆投下の情報はなぜ伝わらなかったか   

2011年 08月 08日

 明日8月9日は、長崎の原爆投下の日。
 66年前の8月6日、B29エノラゲイが広島に、
 9日、B29ボックス・カーが長崎に、それぞれ原爆投下をしました。

 先日のNHKテレビのドキュメンタリーで、
 この広島・長崎の原爆投下前に、日本の「特種通信部隊」により、
 テニアン島から発される特殊コールサインをキャッチしていたことが報道されました。

 広島のときは、それが何の部隊のコールサインかは、わからなかったようでしたが、
 9日の朝、5時間も前に、日本の特種通信部隊は、同じコールサインをキャッチ。
 同じ原爆投下部隊が出撃したことを確信したのだそうです。

 そして上部に報告、軍上層部にも届いたそうですが、
 その時間、軍部は、会議中。
 米軍が日本本土上陸したら、自分たちは戦犯となってしまうと、
 身をすくめていた、というのです。

 番組では、防空壕にいて、原爆投下を受けながら被曝しなかった女性が、
 もし事前に分かり、市民がせめて防空壕に避難していれば、
 長崎の被害は相当防げたはずだと、証言します。
 2度の原爆投下前には、何らの警戒警報も発令されなかったそうなのです。

 2番目の原爆が、日本のどこに投下されるかは、
 暗号を解けなかった日本軍と通信部隊には、わからなかったそうですが、

 せめて、広島と同じコールサインのB29が日本に向かったことがわかったのですから、
 B29が飛来してきた日本のすべての地域に、警戒警報を出して、
 防空壕へと避難させるなどの方法はあったはずだというのは、素人にも思いつきます。
 5時間もあれば、十分対応できたとの証言に、唖然としました。

 またそもそも、原爆の研究を、日本の軍部も行っていたが、難しくて諦めた。
 その際に、研究者が、アメリカに原爆ができるはずがない、と報告して、
 軍には、米国が原爆を準備したということは思いもよらなかったというのです。

 ここまで放送を見ていて、福島原発を彷彿としてしまいました。

 情報が、上層部で操作され、もみ消されていったらしいこと、
 研究現場が、正しい知識を持ち得ず、自らの拙い技術こそが最高と思い込んで、
 権力を前に、対応努力を怠ってきたこと、
 その思想は、まるで酷似しています。

 「失敗は伝わらない」と以前ここでも引用した畑村先生のご本にありますが、
 失敗は伝わらない、のではなく、指導者の保身と無知が、失敗を学ばないまま、
 日本の歴史を引きずってきているのではないか、と、
 暗澹たる思いになりました。

 せめて、長崎の、広島の、戦没者の、そして震災被害者の方々のご冥福をお祈りします。
 ふがいない自分への自戒も込めて。

by expresstax | 2011-08-08 23:17 | 提言

<< 資産法人化と無償返還転貸借地権... 税理士会館往復、そしてお祭り、... >>