森ビルさんの再開発エネルギー政策、そしてご来訪

 森ビルさんが、進行中の「虎ノ門・六本木地区第一種市街地再開発事業」で、従来からの重油を使った発電に加え、都市ガスを使った発電供給を準備すると発表しています。それにより、必要電力の85%を賄ってしまうと。

 既に、六本木ヒルズでは、自家発電によって、東電に電気を提供していたそうですが、今後の開発で、賃貸ビルのキーワード=「耐震+電力」を強化していくとなれば、他の追随を許しません。
 まさに、ディベロップメント(開発)の真骨頂でしょう。

 企業にとっては、BCP=business continuity plan=事業継続計画は、生命線。
 入居企業のビジネスの健全な継続性を守るという方針は、
 オフィス提供者である不動産事業者として、当然ともいえますが、
 とはいえ、相当な資本力がないと、なかなか難しい。

 それを国家や自治体や政治に頼らず、自力で断行してしまうのは、森ビルさんのポリシーです。

 ビジネスにとって、本当に必要なこと、大切なことのために、
 誰にも頼らず、自力解決を図るスタンスは、
 完璧かどうかを問わず、
 他におもねることなく、主導権を握ってビジネスを展開するために絶対必要です。

 ちょうど、自宅から事務所まで続く赤坂-六本木-虎ノ門-神谷町地域は、
 まさに、「森王国」ともいえるほど、森ビルさんの都市開発が貫徹しています。

 毎日その様子を目のあたりにしながら、
 都市開発のありようと、
 企業の事業貫徹の姿勢とを、肌で感じています。

 ☆  ☆  ☆

 今日は、エクスプレスの卒業生さんで、静岡県のご実家の税理士事務所様に戻られていた
 S先生と、S先生に引き継いでいただいていたお客様が、
 ご一緒に、事務所にご挨拶にきてくださいました。
 ありがとうございました。

 お元気そうなご様子、そして、課題を成し遂げた!とのご報告をいただいて、
 とても安心しました。
 お会いできて、とっても嬉しかったです。

 これからも、S先生の素晴らしいサポートのもと、安心してお進みください。
 ほんとうにありがとうございました。

 お土産をいただいてしまいました。お心遣い、ありがとうございました。
d0054704_23334653.jpg


















d0054704_2335879.jpg

by expresstax | 2011-08-04 23:10 | 不動産  

<< 税理士会館往復、そしてお祭り、... 資産法人化の迷走 >>