ビル経営者倶楽部税務部会様講演

 週刊ビル経営さんが主宰しているビル経営者倶楽部税務部会さんの講演にお伺いしました。
 
 基調講演として、税務特例を活用したビル経営の改善事例を報告しました。

 私の講演のあとには、この税務部会さんの座長である梅原様と、虎ノ門のビルオーナーである清水様の固定資産税等についてのパネルディスカッションがありました。
 一緒に会場で聴講させていただきました。
 来年の固定資産税の評価替え基準年に向けて、
 固定資産税についての実態調査を進めようという提案がなされました。
 前向きな取り組み、素晴らしいです。
d0054704_0124022.jpg


















 最後に、経営者倶楽部さんの懇親会がありましたので、
 こちらにも出席。
d0054704_014538.jpg


















 乾杯の音頭のあと、ご出席のお客様と、税務回りの懇談で盛り上がりました。
 とても熱心で、実力溢れるビルオーナーの方々ばかりです。

 大震災のあと、ビル経営の環境は、ますます厳しくなっているとのお話がでました。
 知恵と力を合わせて、がんばっていきましょうね。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 講演が連続しています。

 昨日の小規模宅地の特例の問題は、
 確認しましたら、平成22年版の大蔵財務協会さんの書籍でも、
 ズバリ、区分所有で父と子で別所有の二世帯住宅の事例が登載されていました。
 だからというのも、おかしいので、
 文脈解釈だとしたら、ご確認をすすめていただくことになります。
 
 ありがとうございました。
by expresstax | 2011-07-21 23:01 | パブリッシング

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax