税理士先生へのお手伝い、そして猛暑   

2011年 06月 29日

 税理士先生から、案件のお手伝いのご依頼をいただきました。
 資産関連業務についての、実績を評価してのご依頼とのことでした。
 ありがとうございます。

 税務が複雑の一途を辿り、
 なまじ不慣れな案件を単独でやってしまうと、
 大変な手数がかかるだけでなく、
 第2、第3の観点を見落とすこともあります。

 こうしてお声がけいただくことで、
 実務でお役に立つだけでなく、
 事案のより深い検討にもご協力できます。

 関わり方はさまざまです。
 税理士先生からの委任により黒子になってもよし、
 並列で代理権限をいただいてもよし、
 複代理となってもよし、
 要は、税理士先生のお客様の案件を、適切に、最大有利に、解決し、成功していただくことです。

 そのための、税理士先生のお客様への思いを、徹底して尊重させていただくことです。

 その目的を見失わなければ、どんな形でも、よいのです。

 ご信頼にお応えできるように、精一杯、対応させていただきます。

 ☆  ☆  ☆

 猛暑でした。

 にもかかわらず、午前午後夕方と、お客様が連続しました。
 夕方のお客様は、前のお客様が終わるまで、
 ラウンジでお待ちいただくことになってしまいました。
 こんな暑い日に、それぞれ、お運びいただいたのに、
 本当に、申し訳ありませんでした。
 わざわざお運びいただいた甲斐があるだけの対応でなければなりません。
 ありがとうございました。

by expresstax | 2011-06-29 23:38 | 税理士

<< 改正法公布、消費税とマイナンバ... 「おにぎり作戦」に唖然、そして... >>