特定資産買換えの延長は?そしてウメもどき

 税制改正が、切り出し法で確定の方向に向かって。
 お客様からのご質問が続きます。

 特定資産買換えは、平成23年度改正で、結果的に、切り出し法で、
 本則、平成26年12月末まで延長になりました。
 ただし、これは、本則の話し。

 買換特例のうち、個人旧16号・法人旧17号の所有期間10年超資産の買換特例は、
 新9号として、平成23年12月末の期限のままです。

 平成24年税制改正で、平成24年1月1日以降への延長規定が入らなければ、
 そのまま、フェイドアウト。
 宇宙の彼方へと、消滅します。

 租税特別措置法透明化法や、事業仕分風の租特見直しの機運から、
 風前の灯火(ともしび)となっている特例です。

 ☆  ☆  ☆

 ご質問は、

 当社は、不動産の売却を、23年中に契約するけど、
 買換資産の建築の関係から、引渡しは、翌年以降にならざるを得ない。 
 もし、制度が延長しなければ、新9号(旧17号)買換はできなくなってしまう。
 
 しかし、不動産の譲渡については、引き渡し時を譲渡日とみるのではなく、
 契約日を譲渡日とみることもできると聞いた。
 当社は、監査対象法人として、会計上は引渡基準を採用しているので、
 経理上は、引渡日で譲渡益計上せざるを得ないが、
 税法上の譲渡日を契約日として、23年末までの譲渡契約にすべりこめれば、
 イケるのではないか。

 というものです。そうですね。

 結論は、バツです。 

 確かに、法人税基本通達では、不動産の譲渡である場合には、
 契約効力発生日=契約日での譲渡計上を認めています。

============================
法人税基本通達2-1-14 固定資産の譲渡による収益の帰属の時期
 固定資産の譲渡による収益の額は、別に定めるものを除き、その引渡しがあった日の属する事業年度の益金の額に算入する。ただし、その固定資産が土地、建物その他これらに類する資産である場合において、法人が当該固定資産の譲渡に関する契約の効力発生の日の属する事業年度の益金の額に算入しているときは、これを認める。
(注) 本文の取扱いによる場合において、固定資産の引渡しの日がいつであるかについては、2-1-2の例による。

============================

 ただし。

 特定資産の買換特例は、いったん譲渡資産の譲渡益を計上し、
 それを圧縮記帳することで、課税の繰延を図る制度なんですね。

 企業経理で、譲渡益に対し、圧縮記帳の経理をする、つまり、
 ①圧縮損計上、または②積立金経理、または③利益処分経理 することで、
 初めて特例が使えるんですね。

============================
 租税特別措置法65の7 特定の資産の買換えの場合の課税の特例  
 第1項後段
 (略)~「圧縮限度額」という。)の範囲内でその帳簿価額を損金経理により減額し、又はその帳簿価額を減額することに代えてその圧縮限度額以下の金額を 当該事業年度の確定した決算において積立金として積み立てる方法(当該事業年度の決算の確定の日までに剰余金の処分により積立金として積み立てる方法を含む。)により経理したときに限り、その減額し、又は経理した金額に相当する金額は、当該事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入する。

============================

 つまり、法人の特定資産買換特例に限っては、
 税務で契約基準、会計で引渡基準を適用して、税務と会計を切り離す、
 ということは、原則としてできないんですね。

 監査対象会社でなければ、今回取引だけ、契約基準で譲渡益計上するならば、
 これはイケるでしょうが、ここは、スジ論です。
 若干のテクニカルな方法がないわけではありませんが、
 コンプライアンス(法令遵守)上、無理はできません。

 果たして、平成24年改正で、新9号買換え特例が、
 延長されるかどうかに、かかってきます。

 このご質問については、別途の解決の可能性がでてきましたので、
 それで対応していただくことになりましたが、

 来年の税制が読めない、という、
 法制度の透明性が担保されない日本って、
 ほんとうにリスキーな国になってしまいました。

 ☆  ☆  ☆

 名前のわからなかった屋上の赤い実。
 植物図鑑では、「ウメもどき」のようです。

 来年の春には、花を見にこなくちゃです。
by expresstax | 2011-06-15 23:31 | 譲渡


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。

最新の記事

税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-11 23:38
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-10 23:29
地積規模の大きな宅地の評価通..
at 2017-10-06 23:14
手付金のマネーカウンター
at 2017-10-02 23:24
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-09-21 23:15
贈与税の特例本が増刷されました。
at 2017-09-20 23:06
税理士先生からのご報告、そし..
at 2017-09-18 23:53
大規模地積宅地評価のあれこれ..
at 2017-09-15 23:11
お客様からのご紹介、そして夕焼け
at 2017-09-12 23:55
朝ドラ「ひよっこ」と赤坂鈴降神社
at 2017-09-08 21:55
怒濤の相続税申告、そして秋の..
at 2017-09-05 23:35
東京税理士協同組合 組合員等..
at 2017-08-31 00:49
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-08-08 23:00
税務研究会大阪会場資産税事例..
at 2017-07-28 23:29
税務研究会福岡会場法人税事例..
at 2017-07-21 23:12
税務研究会福岡会場資産税事例..
at 2017-07-20 23:27
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-07-05 23:04
税務研究会大宮会場資産税事例..
at 2017-07-03 23:08
MI情報は広大地改正テーマ、..
at 2017-06-30 23:46
税務研究会名古屋会場資産税事..
at 2017-06-27 23:26

タグ

(464)
(423)
(391)
(382)
(341)
(275)
(270)
(238)
(211)
(203)
(167)
(161)
(113)
(105)
(101)
(94)
(90)
(89)
(83)
(74)

カテゴリ

お客様
プロフェッショナル
提言
リクルート
事務所
お仕事
折りにふれて
耳より税金情報
相続・贈与
パブリッシング
研究
法人税
税制改正
税務調査
資産運用
譲渡
税務手続き
所得税
不動産
税理士
法律
経営
自社株
固定資産税
確定申告
国際課税
消費税
財産評価
信託・一般社団法人
富裕層課税
マイナンバー
ボランティア
マイナンバー

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

金融・マネー
経営・ビジネス

画像一覧