フローリッチとストックリッチ

 お客様と今後の資産運用のご相談です。

 お客様は、年収にこだわっていらっしゃいました。
 
 銀行から融資を受ける場合などに、ご自身の年収の証明である納税証明が、
 それなりの金額でとれなくちゃ、というご心配です。

 お客様は、当分、ご資金を潤沢にお持ち、
 キャッシュがさらに、定期的に潤沢に入ってくる仕組みもつくりました。
 この後、第2弾、第3弾の資産投資も可能なお立場です。

 にもかかわらず、納税証明のご心配。

 では、考えてみてください。

 日本で、「ほんとうの」お金持ちの人って、いくらくらいの所得だと思いますか?

 お客様は真剣なお顔になりました。

 ☆  ☆  ☆

 お金持ちには、2種類あります。

 フローリッチ(収入が高額でお金持ち)と、
 ストックリッチ(資産が高額でお金持ち)です。

 日本のフローリッチさんは、フォーブズに名前が並ぶような、
 今をときめく事業家の名前が続々と挙がるでしょう。

 でも、ストックリッチさんは?

 代表的なのが、鳩山元首相の母上です。

 メディアでさんざん報道された数字によれば、
 石橋家から相続されたブリジストン株1200万株から、
 年配当だけで3億円を受け、
 それを、ご子息である元首相たちに、「贈与」してきたわけですね。

 では、あの母上の確定申告書で、この配当は申告に上っているかといえば、
 母上はブリジストン株主のなかでは、5%に至らない株主ですから、
 現在の制度上、10%源泉分離課税の対象。
 確定申告不要なのです。

 他の所得がないと仮定すれば、申告さえ不要となります。

 じゃ、その母上を、金融機関が、与信しないか、
 それはありえないでしょう。

 そして、その母上より、もっと納税のないストックリッチさんは、
 日本にもっともっといます。

 納税証明をもってきなさい、その数字が低かったら、融資しませんよ、
 なんて金融マンがいたら、
 あまり上顧客を持っていない金融マンでしょう。

 とは、いいすぎかもしれませんが、
 でも、そうなのです。

 自信を持ってください。
 そして冷静に、判断し、決めることです。

 ☆  ☆  ☆

 とはいえ、今後のご自身の収入・所得をどのように設計していくか、
 大切な問題ですので、
 じっくり決めていきましょうね。
by expresstax | 2011-05-19 23:14 | 資産運用

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax