税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

浜岡原発の停止決定、そして東京タワー

 浜岡原発の停止を菅総理が呼びかけ、
 中部電力は、取締役会審議の結果、停止を決定したそうです。

 自分の実家が浜岡原発から15kmくらいの距離にあるので、
 どうなるだろうかと、見ていました。
 
 もともと、東海地震の予報のもと、地震対策には余念のない地域ですが、
 現在の原発の状況を見るにつけ、少なくとも、浜岡は、停止すべきだと思っていました。

 海浜の原発のあまりの脆さと、
 その技術管理の手薄さが、福島原発で露呈されてしまった今、
 東海地震の震源予想域が直下という立地は、
 判断をブラす余地はないのではないでしょうか。

 周辺自治体や経済界は、賛否混沌です。

 地域の小学生は、必ず社会科見学で、原発見学に行き、
 お菓子やおもちゃをもらってきます。
 そして、原発は、安全、電気は、安全、電気は、必要、
 将来エネルギーは、全部、電気、
 未来の生活は、オール電化、だから、原発は必要、と、学んできました。

 地元自治体(この場合は御前崎市)は、そもそも原発誘致派と反対派のせめぎ合いもあったでしょうから、
 これまで、政府の方針で、さんざん「安全だ」として誘致してきた手前、
 突如、停止、というのは、自治体としては、ハシゴをはずされてしまったわけですから、
 反発が生じても当然でしょう。

 実家のある自治体の市長さんは、東日本大震災後から浜岡原発停止要請を呼びかけていました。
 周辺自治体も、同様のようです。

 中部電力サイドは、目の前にトヨタ、静岡にはスズキ、管内に、基幹産業を抱えて、
 株主対応や影響の大きさから、即座には決定できなかったのでしょうが、
 
 スズキの会長の「(停止要請は)正しかったのではないか」とのコメント、
 米倉経団連会長の「確率論だけで言えるのか」という発言、
 賛否が渦巻く中で、

 問われるのは、自分たち自身の、
 これからの経済や生活文化に向けてのスタンスなのだなあ、とつくづく思います。

 ☆ ☆ ☆

 ライトダウンしている東京タワー。
 ハートマークが点いています。
 震災後の励ましのための「ハートの光のメッセージ ~心つなげよう~」だそうです。d0054704_021190.jpg 
by expresstax | 2011-05-09 23:17 | 提言