税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

震災復旧増税と平成23年度改正法案のゆくえ、そして資産投資

 震災復興のための財源措置として税制議論が行われています。

 今、考えられる可能性としては、次のパターンでしょうか。

1.平成23年度改正法案を、全面撤回、震災対策増税法のみ成立、予算補正で、
  税制改正は24年度改正に

2.法人税減税を撤回、他の23年改正法案(=ほとんど増税案)は、成立、震災対策増税を別途、

3.平成23年改正法をそのまま成立、法人税減税も実行、
  震災対策増税法を別途、成立させる

 といっても、3.は、そもそも民・自がネジレている時点で、成立させるには、
 なんらかの政治が必要でしょう。

 お客さまからは、
 法人税減税は、撤回、その他の増税内容だけ通す(上の2.)のでは、
 震災に乗じた「便乗値上げ」ではないか!
 と、叱られています。(^^ゞ

 そうなんです。
 平成23年改正法は、法人税率引き下げをはじめ、
 法人税・所得税・相続税等の基本部分の改正です。

 せめて、震災財源は、特別法あるいは租税特別措置法として制定し、
 基本法部分は、国際競争力でこれ以上脱落しないために、
 法人税減税は、断固貫くべきでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 投資のご相談のお客さま。

 ご資金は、たっぷりあるものの、
 あまりの低金利に、腹立たしくて、定期預金の通帳を投げつけたくなる、とのお話。
 
 もう、数年、物件探しをなさってきて、
 いよいよ、物件を決める、と駆け込んでこられました。

 よかったです。

 買いました。契約しました。登記しちゃいました。さあ、税理士に、と、
 ご相談に来られて、お伺いすると、

 買う前なら、もっといろいろな手当ができたのに!
 というケースが多いのです。

 直前とはいえ、契約前に、お越し頂いて、なによりでした。

 資産投資は、初期設定で、ほとんどが決まります。

 後付けで補正が効かないわけではないですが、
 限りがあります。

 利益を最大化するのは、初期設定にかかります。

 一気に、ポイントを、詰めました。
 
 ここが正念場です。
 がんばりましょう! 
by expresstax | 2011-04-14 23:18 | 税制改正