経産省の被災中小企業者融資支援の対策発動は全国対象   

2011年 03月 22日

 大震災の被害は、直接の被災地だけでなく、関東地域の計画停電対象地等を含め、
 深刻な経済被害へと広がっています。

 経産省・中小企業庁から、メッセージが来ました。

 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震等による災害の
 激甚災害の指定及び被災中小企業者対策について
」です。

 既往貸付の償還期間延長や、災害復旧貸付の10年以内、年利0.85%などの措置が盛り込まれています。
 災害復旧貸付は、設備資金だけでなく、運転資金貸付もOKです。

 この決定は、3月12日に出されているんですね。
 「今回の災害は、被害の全容が未だ明らかではなく、一方でその拡大も予断を許さないことから、
 措置の対象は「全国」とします。」

 そうだ、そうだよ、経産省!中小企業庁!
 早期に影響を看破して、
 早期に決定し、
 早期に発表する、
 それでなくっちゃです。

 どこかの某財務省某国税庁((^^ゞ)のように、
 13日になって、期限延長を5県に指定して、
 3月15日前夜の14日の夜になって、
 やっとこさ、ライフライン遮断の場合の延長告示をする、という
 この彼我の違いは、何であろうか、と思います。

 申請にあたっては、
 最寄りの中小企業診断士さんも、お手伝いくださると思います。以上!ぱしっ!(敬礼の音)

 ☆  ☆  ☆

 と、勢いのついたところで、癒しの画像です。
 あるビルの屋上の三色スミレです。
 冷たい春に、明るく咲いていました。
 がんばろうね。。。
d0054704_15405.jpg 

by expresstax | 2011-03-22 23:39 | 提言

<< 確定申告書のご返却、そしてご相... 大震災の呼称、そして買い占め対応策? >>