税理士飯塚美幸のひとことメッセージ

by expresstax

大震災の呼称、そして買い占め対応策?

 東北地方太平洋沖地震の被災地の厳しい様子が報道されるなかの連休になりました。

 先日、事務所ニュースを書く際に、この地震の名称が気になって、
 メディアをチェックしたら、次のように。

 東北地方太平洋沖地震  政府機関・TBS・テレビ東京
 東北関東大震災       NHK・日本赤十字社・中央共同募金会
 東日本大地震        日本テレビ
 東日本大震災        共同通信・日経・朝日新聞・毎日新聞・
                    産経新聞・フジテレビ・テレビ朝日
 東日本巨大地震       読売新聞

 阪神大震災のときも、当初は、「兵庫県南部地震」としていたのが、
約1ヶ月後に、「阪神・淡路大震災」に政府が統一したそうですから、
これからも変わるかもしれませんね。

 「東日本大震災」が多いのは、短いのでメディアで呼びやすいのと、
共同通信社がこう呼んでいるからでしょうか。
 各社の社風が読み取れて、興味深いです。

 ☆  ☆  ☆

 震災のあと、当初は、帰宅困難者さんの職場籠城のためか、コンビニやスーパーがカラになったんですが、
 その後、お米やお水、卵が、スーパーから消失。
 買い占め行動が報道されました。

 よくないよね!とか憤慨していたウチでは、

 確定申告を過ぎて、赤坂あたりのスーパーに行っても、
 もう、ほんとうにお米が手に入りません。
 年初からの繁忙期で、ろくに買い物ができていなかったこともあり、
 お米の在庫は、あと3合程度になってしまいました。

 ただ、普段から、臨時食糧のために(?)
 うどんやパスタ・小麦粉などはそれなりにストックしていましたので、
 これらを出動。

 お好み焼き大会、
 お正月の食べ残しのお餅でお雑煮大会、
 煮込みうどん大会、
 などなど、お米以外で、かつ、スーパーの売れ残りで作れるもので、しのいでいます。
 大会、というのは、タダのノリです。(^^ゞ

 どこまで持つかは、わかりませんが、
 それなりに楽しく過ごしています。(^^)v
 
 被災地に比べ、電気もガスも水道も、きちんと使える恵まれた環境です。
 元気出して行かねば、です。
  
 一方で、一時食事難民になって入った近所の飲食店は、
 看板の灯を消して、まさに意気消沈。
 行けばちゃんと食事できますし、
 むしろ、「よく来てくれました」とサービス品がつくくらいです。
 飲食店さんの打撃が忍ばれます。

 買い占めなんかしないで、「外食して、ご近所を支援しよう!」
 なんて運動できませんかね。

  ☆  ☆  ☆
 
 確定申告前からご依頼を受けていた専門誌の論稿を進めています。
 単著(ひとりで書く本)の単行本も出すことになりました。
 がんばります。
by expresstax | 2011-03-20 23:27 | 折りにふれて