主人公は承継者様、そして美しいお花をありがとうございました。

 親子様で、ご資産のご相談にお越し下さいました。
 ありがとうございます。

 多額なご資産の運用方法についてのご相談です。
 でも、ご判断いただくためには、ご資産の正しい現況を把握していただく必要があります。

 状況をお伺いして、種々の資料を確認。
 不明点を挙げ、
 後日確認していただくことを、承継者様の宿題とさせていただきました。
 ポイントを、数字ベースで明らかにしないで、
 雰囲気だけで資産運用を決めてしまうのは、極めて危険なことなのです。

 後継者様は、ビジネスの現場で、ご活躍中。
 大変優秀な方です。

 でも、従来の日本の教育環境や、ビジネスシーンでは、
 個人資産の情報知識の取得や運用方法について、
 訓練を受けるチャンスは、ほとんどありません。

 各種の資産関連会社のプロが、丸ごとお任せ下さい、という仕組みはあっても、
 ご自身が、ご自身として判断できる仕組みが、作られていません。

 しかし、多額なご資産を承継される後継者様には、
 自分の人生や自分の家族のための資産運用の力が絶対に必要であり、
 自分自身の資産と人生の主導権を、しっかりと握るべきなのです。

 プロにお願いするにしても、
 プロを見抜く目が必要です。

 今回の宿題は、その第一番目のアプローチとして、
 挑戦していただくことになりました。

 わからないこと、気がかりなことがあったら、
 その場で、すぐ、お尋ねいただくようにもお願いしました。
 調べていて、お手上げだったら、こちらが援護射撃するなり、
 代わりにお調べしたりもしますが、 
 まずは、ご自身で、やってみていただきます。

 課題とスケジュールが明らかになると、
 道筋が見えてきます。

 後継者様は、さすがに、優秀でいらっしゃいます。
 お顔が明るくなりました。

 横で、親御様が、目を細めてやりとりをごらんになっていましたが、
 これからです。

 ひとつひとつ、大切に進めていきましょう。
 
 ☆  ☆  ☆

 お土産に、素晴らしいプリザーブドフラワーをいただきました。
 光栄です。
 ありがとうございました。
d0054704_23224860.jpg

by expresstax | 2011-02-17 23:03 | 資産運用  

<< 最高裁、武富士贈与事件を納税者... 相続税の大衆課税化で何が起きるか >>