赤字の資産管理法人って?   

2011年 01月 27日

 ご相談です。

 資産管理法人をお持ちのお客さま。
 毎期、微妙に赤字を継続なさってきているそうです。
 工夫して赤字にしてきたんだ、とのことです。

 この会社に、資産を取得させ、さらに活性化させていきたい、とのご意向です。

 素晴らしいご意向です。
 ぜひ、成功しましょう。

 でも、ちょっと待って下さい。(1度目)(^o^)b
 
 その期だけ、大規模修繕をしたとか、大きな除却をしたとか、
 赤字の原因がハッキリしていればいいのですが、

 見ると、法人を赤字にするために、役員報酬が高額になっています。
 個人に、環流してしまっているんですね。

 法人税は現行で、所得800万円以下で約25%、越えても40%です。事業税込みです。
 平成23年度税制改正で、さらに下がります。

 個人所得税は、事業税込みで最高税率は、55%にもなります。

 税負担の少ない法人を赤字にして、
 個人所得税を、たっぷり、払っています。

 厳しい言葉ですが、税務マネージメントが、できていないんですね。
 赤字で法人が継続できているのは、
 結局、個人からの貸し込みがあるからです。
 ね、また逆環流ですね。

 伺うと、赤字法人なら、税務調査が来ないと。ヽ(´o`;)ノ

 ちょっと待って下さい。(2度目)(^^ゞ

 税務調査を恐れて、税務マネージメントを放棄するのは、本末転倒です。
 
 それにそもそも、資産法人というのは、
 国税さん的には、捕捉しやすく、優良な業種なのですから、
 目くじら立てた税務調査の対象とはされていないのです。

 いわゆる事業法人と、資産法人の、根本的な違いです。

 それに、ちょっと待って下さい。(3つ目)(^^)

 資産法人さんが、今後新たな投資や更なる資産所有を進めようというのに、
 赤字継続法人に、どこの金融機関が融資してくれるでしょう。
 黒字の健全会社でなければ、どこも傘をさしだしてはくれません。

 戦略的に計画するなら、
 そして、税務マネージメントを、きちんとするなら、

 法人は、黒字 であるべきなのです。

 それに、ちょっと待って下さい。(4回目)(^o^)
 ただ、黒字であるだけではいけません。
 
 銀行さんが見ても、国税さんが見ても、
 外部関係者や取引先が見ても、
 うならせるくらいの、端正な決算財務諸表であるべきです。(^^)v
 
 会計基準も、きちんと押さえて、どこにどう出しても恥ずかしくない決算書にしましょう。

 さっそく、見直しと、再組み立てを図って頂きましょう。

 がんばりましょう。

by expresstax | 2011-01-27 23:11 | 法人税

<< 小規模宅地の特例旧法最後の申告... 幸せな職業 >>