横綱相撲の税務調査

 昨年の税務調査について、終了通知が来ました。

 昨年11月の調査でしたが、1件は、12月末に、
 もう1件が本日。
 これで、弊社の平成22年の税務調査は、全部完了です。

 それぞれ、調査官からの照会事項については、報告書を提出していましたが、
 精査をされたのでしょう。
 内容了解のうえで、終了と。

 一部は、調査により確認があった新たな資料から、なんと、減額要因を発見。
 交渉の結果、職権で減額更正してもらうことになりました。

 なんともはや、ですが、怪我の功名です。

 お客さまには、なによりでした。

 税務調査は、お客さまにとって、それなりにストレスです。
 早期終了に越したことはありません。

 でも、ここで、
 不合理な妥協をしてしまったり、
 世に言う「お土産」を渡してしまったり、
 手練手管で「交渉」したり、というのは、

 お客さまの誇り高い歴史を、汚してしまいます。
 国税さんからも、信頼を得ることはできません。

 ここは、やはり、
 土俵際で、小手先の技を使うのではなく、
 土俵の真ん中で、正々堂々と、横綱相撲を取って頂きます。

 その結果の終了通知です。

 これで、心おきなく、胸を張って、次のステップに進めますね。
 よかったですね。

 我々も、安心しました。
 ありがとうございました。

by expresstax | 2011-01-14 23:13 | 税務調査  

<< 法人への上場株の遺贈 地主家主協会さんの対談 >>