相続税増税、贈与税減税、そして実りの街路樹

 民主党の税制改正プロジェクトチームの今日(平成22年10月26日)の総会の資料です。

 資産課税について、財務省が資料提出をしています。

1.まず、相続税増税。

 論点は、
  (1)基礎控除
     地価が昭和58年レベルに下がっているのだから、
     当時の非課税2千万円+400万円×法定相続人(現行5千万円+1千万円×法定相続人)
      へと下げるべし。

  (2)税率構造
     多段階引き上げにもっていくべし。

  (3)生命保険金・退職手当金の非課税見直し
     平成18年には、会計検査院から、「富裕層まで生命保険金非課税が適用され、
     節税目的と思慮されるものも見受けられる」と指摘されている。
     金融商品が多様化されているのに、生命保険だけ特別な扱いとなっているのは、いかがなものか。
     
  (4)平成22年度税制改正大綱 
     「格差是正の観点から、相続税の課税ベース、税率構造の見直しについて、
     平成23年度税制改正を目指します。」とヤクソクしているではないか。

 ということのようです。

2.贈与税減税

 (1)贈与促進の必要性

  金融資産を含めた資産総額の8割を50歳以上の高齢世代が保有している。
  相続時精算課税の導入により贈与は増加したが、足もとでは、減少に転じている。
  さらなる促進が必要だ。

 (2)暦年課税の贈与税の税率構造み直し

  相続税の税率構造に比べ、相対的にきつい、少し緩和しても?
  
 ということのようです。

 ☆  ☆  ☆

 これから12月まで議論が本格化します。
 また、報告しましょう。

 ☆  ☆  ☆

 外堀通りの街路樹に、びっしりと赤い実が生っていました。
 秋は、早いです。
d0054704_2172990.jpg
by expresstax | 2010-10-26 23:54 | 税制改正

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax