黒字法人過去最低25%、そしてアフタヌーンコンサート   

2010年 10月 25日

 国税庁のプレスリリースによれば、平成21年度の法人税申告で、黒字法人過去最低25.5%、法人所得は▲4兆円。新聞夕刊に報道されましたね。
http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2010/hojin_shinkoku/01.pdf

 平成20年度は、黒字法人割合は、29.1%ですから、3社に1社から4社に1社になったわけです。

 法人所得は、過去最高58兆円を記録した平成18年度に比べ、33兆円へと、なんと、43%減。
 ドラスティックな変化に、呆然としている社長さん達も多いでしょう。

 でも、もっと呆然としているのは、財務省さんではないでしょうか。

 世界に冠たる日本の高税率法人税の引き下げ案は、
 今のところ、経産省提示の5%と小粒(ナサケナイ。。。)ながら、
 それでも、この代替財源議論をしていたところ。

 代替財源には、減価償却の縮小や欠損金繰越控除の引き締めなどが挙がっています。
 この所得減の動向に、どう対応してくるでしょうか。
 
 ☆  ☆  ☆

 といいつつ、事務所では、お昼休みに、近くのJTビルのアフタヌーンコンサートに行ってきました。
d0054704_045359.jpg














 虎ノ門2丁目のJTビル(頭に灰皿を乗せた、あのビルです。(笑))の2回には、アートホールがあって、
 いろいろなコンサートを行っています。
 そのうち、お昼のアフタヌーンコンサートは、 「期待の音大生による」として、音大生さんの発表の場を提供しながら、ご近所のサラリーマンや虎ノ門病院へ通院のご近所さんたちが鑑賞できる無料コンサートです。これは、開演前。
d0054704_045484.jpg













 今日は、武蔵野音大の大学院生さんたちによる、モーツァルトのフィガロの結婚のハイライト。
 フィガロの結婚は、一昨年、渋谷文化村のオーチャードホールで鑑賞しました。
 http://expresstax.exblog.jp/9036515

 学生さん達は、30分という短い時間によくまとめて、素晴らしいミニオペラでした。
 楽しく過ごすことができました。

 このあたりは大企業が多いので、こうした企業メセナの文化活動が楽しめそうです。

 また、行こうね。

by expresstax | 2010-10-25 23:34 | 法人税

<< 相続税増税、贈与税減税、そして... お客様はグローバル >>