税理士はジャンクション(繋ぎ目)

 お客様からのお問い合わせです。

 土地の権利調整を行おうとなさったそうですが、

 お願いしていた測量士の先生から、
 「自分は、測れと言われれば、測るけれども、アドバイスやコンサルティングはできません」
 と言われてしまったそうです。

 ご先代の大変腕の立つ測量士先生が亡くなられて引き継がれた二代目の若い先生のご対応に、
 困ったお客様が、駆け込んで来られたというわけです。

 「できないことを、できない、とおっしゃるのだから、
 できないのに、できるフリして、おかしなことをされるより、いいじゃありませんか。
 素直な良い先生ですよ。」とお話ししますと、

 「そうですね、とても良い人なんですよね。」と、お客様も、笑顔になりました。

 とはいえ、ご経験の豊富な先生のご意見を聞いた方がいいでしょうということになり、
 いつも弊社でお願いしている先生にお尋ねしてみようということになりました。

 ☆  ☆  ☆

 土地を定期借地権で貸しておられたお客様。
 借地人である借主法人が、鑑定士さんを連れて、地代の値下げ交渉に来たそうです。

 そもそもの定期借地権設定時に、契約書チェックを、
 日本の定期借地権の権威ともいえる弁護士のE先生をご紹介申し上げ、お願いした案件です。
 当時としても、驚くほど有利な契約としてご成功いただくことができました。

 それから早や10年近く。
 いろいろな事が起こってきますが、
 こうしたときこそ、E先生に相談してみましょう、と、
 相談に行って頂くことになりました。

 ☆  ☆  ☆

 たいへんなブランド地に土地をお持ちのお客様が、
 初めてその土地を有効活用しようということになりました。

 初めての借入です。
 ご自身でお近くの金融機関などに打診なさり、研究もしたけれど、
 もっといろいろな意見を聞いてみたいとのことで、

 お尋ねするとお客様のご親族様が某銀行さんのご出身とのことで、
 その銀行さんとは、弊社もお付き合いがあるので、
 いっそのこと、銀行さんからレクチャーを受けてしまおう、ということになりました。
 
 弊社の会議室で、お客様と、銀行さんと、インタビューとレクチャーです。
 まるでお見合いのようで、弊社が仲人のようです。

 営業としてお話を受けるのではなく、
 お客様が、聞きたいことを、自らお聞きになるヒヤリングに、
 銀行さんは、懇切丁寧に、かつとても客観的なスタンスで、お答えになりました。
 さすがプロです。

 金融のプロに対し、私からも、ツッコミの質問をさせてもらいます。
 良いお話ばかりでなく、お客様にとって厳しいお話も、きちんとして頂かねばならないからです。

 ☆  ☆  ☆

 税理士として税務でお手伝いできることには、限りがあります。
 他分野でも、良い先生たちに良いお仕事をしていただいて、
 その連携プレーのもと、お客様にご成功いただかないと、 
 税理士の仕事は始まりません。

 そうしたときは、税理士が、紹介者として、適材適所のプロをご紹介したり、
 連絡係になったり、
 架け橋の役目=ジャンクション(結び目)になります。

 基軸は、ひとつ。
 「お客様にとって、最も有利なバランス」です。

 こんなことも、自分の使命だと思っています。

 ☆  ☆  ☆

 渋谷のNHKさんのスタジオパークで。
 なんと、朝顔の蔓棚で朝顔が咲いていました。
 今年最後の朝顔ではないでしょうか。
d0054704_23415298.jpg
by expresstax | 2010-10-13 23:12 | プロフェッショナル

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax