税務弘報2010年8月号に執筆しました。   

2010年 09月 21日

 中央経済社さんの税務の専門誌「税務弘報」の2010年8月号に、 
 寄稿論文を掲載していただいていました。
d0054704_183726.jpg
















 特集テーマは、「相続・贈与税の最新評価実務」です。

 私は、その特集のなかで、「借地権・定期借地権」について、担当しています。
 http://www.chuokeizai.co.jp/tax/201008/zeimukoho201008.html

 新事務所での購読開始をお願いした折りに、
 その掲載誌を、編集者さんが改めて、もう1冊を送ってくれました。
 お手数をおかけしました。
 ご配慮を、ありがとうございました。

 租税判例を中心に、借地権・定期借地権の実務取扱について、まとめたものです。

 借地権税務実務は、定期借地権も含め、税務のなかで、伏魔殿の最たるものです。
 租税判例でも、そうした歴史背景と実態を反映して、非常に複雑になっている分野です。

 借地権課税について、課題を抱える先生方のお役に立てればと思いつつ、
 しかし、実務の部分は、もう少し書き込みたかったというのが実感です。
 改めた機会を期すこととします。

 温かく応援してくださった編集者さんに、心からお礼申し上げます。
 ありがとうございました。

by expresstax | 2010-09-21 23:00 | パブリッシング

<< 移転祝いをありがとうございます。 ご自宅訪問 >>