アイシテル   

2010年 08月 08日

 夏の税理士試験が終わり、業界では、リクルートの時期に入ります。

 ☆  ☆  ☆

 接客の際に、お客様の顔を見ずに、条文集をじっと見続けている人がいました。
 目を見ません。顔をみません。

 条文集から顔を上げて、お客様を一瞥するのは、数度でしょうか。

 過去の経歴は、それなりなので、
 どうしたものかなあ、と心配していましたら、
 業務がどんどん、お客様の実情から離れて、
 「お客様不利」へとエスカレートして、
 とうとう退社していきました。

 難しいものだなあ、と思いました。

 ☆  ☆  ☆

 先日、お客様のところに、メンバーと同行しました。

 なかなか注文の多いお客様に対し、
 そのメンバーは、接客上手、というタイプではなかったので、
 当初は、心配していました。

 でも、一生懸命、お客様からお話を伺い、ご説明し、ご報告して、
 これまで対応してきてくれました。

 この数年間に、メンバーは、顔を見て、目を見て、大きな声でお話ができるようになっていました。
 もしかしたら人一倍の努力だったのかもしれません。
 
 先日同行すると、
 お客様は、そのメンバーをにこにこと見て、
 「Kさんが来てくれるから、ウチは安心だよ」と言ってくださいました。

 拍手!です。
 我々にとっては、最大の褒め言葉です。

 よかったね。努力が通じたね。

 ☆  ☆   ☆

 お客様へ、まっすぐ向かっていく中で、
 自分の尺度ではなく、お客様の尺度で、
 育ち、より高い世界を獲得していけるのだと思います。

 メンバーの視線には、お客様のにこにこのお顔。
 そして、メンバー自身の、にこにこの顔。

 そこに、ふんわりと、メッセージが浮かびました。

 「アイシテル」
 我々のキーワードです。

by expresstax | 2010-08-08 23:14 | お客様

<< 論文準備、そして神社の緑 勝ちうなぎ、そしてミスとお客様のお話 >>