辛口の助言のこと、そしてピンクのデンファレ

 お客様とお打ち合わせしていて、
 辛口の助言がいかにありがたいか、のお話になりました。

 弊社のお客様は、弊社にご期待下さって、
 いつも、とても親身に、助言をくださいます。

 弊社のお客様は、社会的なお立場やご経験、ご見識に優れた方々ばかりです。

 そうしたお客様が、弊社が気づかなかった点に、細かく目を配り、アドバイスくださいます。
 そして、時には、それがとても厳しい助言であることもあります。

 でも、それは、弊社にとっては、とても幸せなことなのです。

 ダメだと見越せば、助言などせずに、黙って去っていくでしょう。
 改善の余地有り、と期待し、ご判断くださるからこその、助言です。
 言われるウチが華なのです。
 これ以上ありがたいことがあるでしょうか。

 お客様とそんなお話になりました。
 そういえば、と、そのお客様も、お取引先から、手厳しい批判や助言を受けて、
 WEBや営業方法の改善を図ってきたとのことでした。

 当初は厳しいと思えることでも、的確な批判や助言ほど、ありがたいものはありません。
 
 ほんとうに、そうしてアドバイスを受けて、
 お客様も弊社も、発展できてきたんですね、というお話になりました。

 お取引様、お客様というのは、ビジネスのお相手と言うよりは、
 ともに進んでいくパートナーであり、アドバイザーなのですね。

 かくいうお客様も、ご紹介先から、新たな営業展開が可能になったということでした。
 素晴らしい!
 過去には、大変な苦境にも立たれたお客様です。
 お客様のご事業のなによりの成長の証です。

 いいご報告がいただけて、我々も嬉しくなってしまいました。

 これからも、お互いに、切磋琢磨、助言しあい、励まし合い、
 事業を発展させていきましょう、と話し合いました。

 ほんとうにありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 ピンクのデンファレです。
 ちょっと空気を励ましたいときに。
d0054704_02439.jpg
by expresstax | 2010-05-28 23:32 | お客様

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax