亡き会長様のシンビジューム

 ご相続のお客様と、今後のお打ち合わせです。

 お菓子をお持ちくださり、
 ふと拝見すると、
 菓子箱のお熨斗が、お亡くなりになった会長様の絵になっています。

 淡いピンクのシンビジュームの水彩です。
 そこに、毛筆で、「感謝」と書いていただいています。
d0054704_1141672.jpg














 美しい絵に、
 しばし箱を持った手をとめ、
 胸がいっぱいになりました。

 会長様が、絵が好きで、好きで、
 もし、二代目として生まれて事業を引き継がなかったら、絵描きになっていたと、
 ご生前からおっしゃっていたこと。

 梗塞でお倒れになってから、三代目の現社長様達に事業を譲られ、
 会長職として、闘病なさってきたこと。

 闘病なさっていた病院にお見舞いに伺った際にも、
 絵画に溢れた院内と、屋上からの美しい緑へと車椅子でご案内くださったこと。

 以前にも、やはり美しい水仙の絵のお手紙をくださって、
 最初の退院の際に、現社長様達に抱えられるように弊社にお越し頂いて、
 また、絵を描きますね、とおっしゃってくださったこと。
  http://expresstax.exblog.jp/617088

 走馬燈のように、会長様の思い出が、駆けめぐり、胸がつかえました。

 こうして後継社長様達が、父上の思い出の絵を、
 熨斗の代わりにつけてくださったこと。
 嬉しく、ありがたく、受け止めました。

 素晴らしい会社様からご信頼いただき、お手伝いをさせて頂けることは、
 税理士として、何よりの光栄です。
 「感謝」と書いて頂いた言葉は、会長様、社長様達へ、弊社から申し上げなければならない言葉です。
 ほんとうにありがとうございます。 

 翌日、事務局さんが、この熨斗の部分を、額に入れて、
 接客室に飾ってくれました。

 シンビジュームの絵の青と同じ色の額にしてくれたのですね。

 大切に、大切に、弊社の宝物とさせていただきます。

 会長様の亡き後、さらにさらに、力を合わせて頑張っていきましょう。

by expresstax | 2010-05-27 23:56 | お客様  

<< 辛口の助言のこと、そしてピンク... 地デジ対応工事費用は資産か損金... >>