買換え特例の修正申告の加算税・延滞税は、税務署さんのミス

 4月末。
 税務署さんから、ヤンヤの電話で、おおわらわでした。

 ☆  ☆  ☆

 何のことかと言えば、不動産譲渡をした場合の、買換特例のお話しです。

 特定資産買換や居住用財産の買換特例など、
 買換特例を適用して、譲渡税を繰り延べることができます。(租税特別措置法37条、65条の7)

 ところが、譲渡して、その年の内に、買換えで資産取得できない場合には、
 法人税は、特別勘定を設定して、
 所得税では、買換取得資産を取得見込みとして、
 見込み価格で買換があったものとして、課税を繰り延べます。
 通常は、最大額を見込み価格として計上して、当面の税負担を最小とします。

 ここで、実際に買換がなかったとして、先に課税を受けてしまうと、
 買換資産の取得ができなくなってしまうからです。

 法律上は、譲渡年の翌年末までに買い換えればOKなのです。
 これは、翌年末に契約ベースでもOKです。

 さて、こうして、いったん課税繰り延べしたものの、
 結局、翌年末までに買換資産の取得ができなかった、
 あるいは、買換資産の取得をしたけれど、見込み価格に達しない場合。

 そのときは、当初申告通りでの課税繰延ができませんから、
 修正申告書を提出して、繰り延べできない税金を追加納税することになります。

 ここで、罰金、つまり、過少申告加算税や延滞税が生じるようですと、
 それはリスクとなりますので、
 うっかりと買換特例を適用することができなくなります。
 
 しかし、買換特例の場合の買換差額の修正申告については、
 加算税も延滞税も、かからないのです。

 なので、適格な譲渡をした場合、
 買換予定がなくても、買換特例を適用して、
 納税負担を先送りする選択肢さえあるのです。

 高金利時代なら、これだってバカにならないからです。

 ☆  ☆  ☆

 それはさておき、では、買換不足の修正申告をすることになったとして、

 その修正申告は、法人税の場合は、翌事業年度の確定申告に組み込みますが、
 個人所得税の場合は、翌年末の取得期限から4ヶ月以内なんです。

 つまり、個人の場合は、必ず、4月末が修正申告期限といえるのです。

 でも、昨年末までの買い換えの結果は、昨年末で決まったのですから、
 どんどん計算に入ることができます。

 もちろん、弊社は、この期限まで、担当者さんによっては、確定申告などと一緒に処理してしまって、
 お客様からご捺印をいただいて、
 とっとと進めているお仕事です。

 と、あろうことか、税務署さんが、間違って、修正申告について、
 加算税や延滞税を賦課して、納付書をお客様に送付しちゃったりするんですね。
 それも、しばしば。(困)

 罰金はかかりませんよ、と弊社から説明を聞いて頂いていたお客様は、
 かかったじゃないか!とお怒りになるでしょうし、

 素直な(?)お客様は、すんなり、納付しちゃいますし、
 その場合は、過誤納還付を受けなくちゃならなくなりますし、

 いやはや、大変なんです。

 そして、今回も、税務署さんのミス、ありましたですね。

 1件は、税務署さんから、気づいてこちらに電話がきました。
 資産税統括官さんから、御直々の謝罪です。

 素直に納めちゃったお客様に、どうしますか?とお聞きすると、
 「たいした額じゃないからいいですよ、ミスは誰でもありますから」と
 大らかにおっしゃいます。(ほんとうに弊社のお客様は、お優しいです。。。)

 そうはいかないので、当然、最速で還付してもらいますが、
 統括官さん、平身低頭です。

 今は、税務署さんも、課税処分について、会計検査院のチェックを受けますから、
 きっと大変なことなんだろうと思います。

 この買換特例の修正についての、加算税の賦課ミスは、
 けっこうあり、弊社でも、過去、何度も経験済みです。

 このあたりの、税務署さんのチェック体制って、
 会計検査院云々以前に、初動段階で、
 何かシステムにできないものかと思うのですが、
 どうなのでしょうか。

 弊社としては、今後もさらに、
 買換特例適用のお客様に、税務署さんから納付書が来ても、
 絶対に納めないように、と、徹底しなくちゃです。

 と、春のゴールデンウィーク中の、ゴールデンな(?)事件でした。

 皆様も、くれぐれもお気をつけて。
by expresstax | 2010-05-05 23:31 | 譲渡


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。

最新の記事

税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-11 23:38
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-10-10 23:29
地積規模の大きな宅地の評価通..
at 2017-10-06 23:14
手付金のマネーカウンター
at 2017-10-02 23:24
税務研究会特別事例研究「遺産..
at 2017-09-21 23:15
贈与税の特例本が増刷されました。
at 2017-09-20 23:06
税理士先生からのご報告、そし..
at 2017-09-18 23:53
大規模地積宅地評価のあれこれ..
at 2017-09-15 23:11
お客様からのご紹介、そして夕焼け
at 2017-09-12 23:55
朝ドラ「ひよっこ」と赤坂鈴降神社
at 2017-09-08 21:55
怒濤の相続税申告、そして秋の..
at 2017-09-05 23:35
東京税理士協同組合 組合員等..
at 2017-08-31 00:49
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-08-08 23:00
税務研究会大阪会場資産税事例..
at 2017-07-28 23:29
税務研究会福岡会場法人税事例..
at 2017-07-21 23:12
税務研究会福岡会場資産税事例..
at 2017-07-20 23:27
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-07-05 23:04
税務研究会大宮会場資産税事例..
at 2017-07-03 23:08
MI情報は広大地改正テーマ、..
at 2017-06-30 23:46
税務研究会名古屋会場資産税事..
at 2017-06-27 23:26

タグ

(464)
(423)
(391)
(382)
(341)
(275)
(270)
(238)
(211)
(203)
(167)
(161)
(113)
(105)
(101)
(94)
(90)
(89)
(83)
(74)

カテゴリ

お客様
プロフェッショナル
提言
リクルート
事務所
お仕事
折りにふれて
耳より税金情報
相続・贈与
パブリッシング
研究
法人税
税制改正
税務調査
資産運用
譲渡
税務手続き
所得税
不動産
税理士
法律
経営
自社株
固定資産税
確定申告
国際課税
消費税
財産評価
信託・一般社団法人
富裕層課税
マイナンバー
ボランティア
マイナンバー

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

金融・マネー
経営・ビジネス

画像一覧