半日の税務調査と予定の空白、そしてミッドタウンの桜

 今日は、法人税の税務調査立会でした。

 ほんとうは、もっとずっと以前にご連絡を戴いていたのですが、

 お客様も弊社も超繁忙期であったために、延ばしてもらっていたのです。

 今日と明日と、2日間の予定でしたが、
 問題なくすすみ、なんと、ほぼ午前中で終了。

 今日の午後と明日は、解放されることになりました。

 調査官さんの立場からは、
 例えば、「1日」と、納税者に通知しておいて、
 1日やっても、調べきれない場合、「延長して」とお願いしても、
 納税者は、絶対に受け入れてくれないでしょう。

 初めから「2日間」としておいて、短くすませれば、納税者に感謝されるかもしれません。
 そんな思惑もあってか、調査は、ちょっと長めの時間で指示されます。

 でも、納税者=お客様の立場からいえば、
 極めて多忙な予定をやりくりして、2日間の時間を確保しているのですから、
 1日や半日で済んだからといって、余った次の日に、今更アポはとれません。
 無駄な日数を浪費させられてしまうというのが、実態です。

 今日も、お客様はとてもお忙しく、
 臨場調査の間にも、次々電話が飛び込んできて、大忙しのご様子だったのです。
  
 税務署さんの都合のための「予定の空白」。
 なんとかならないかな、と思っています。

 ☆  ☆  ☆

 東京ミッドタウンのテラスからの桜です。
 この日は、もう、雨が降りそうな空模様でした。
d0054704_0183646.jpg
by expresstax | 2010-04-08 23:04 | 税務調査