ゲリラ研修

 今日は、事務所でゲリ研がありました。
 名前が響きが悪いのですが、事務所でときおりやっている「ゲリラ研修」です。

 もともと弊社では、月1回、定例社内研修を行っています。

 ただ、社内研修で、カバーしきれないテーマも多いです。
 定例であるために、タイミング的に、組込めないテーマもあります。

 そんなとき、ゲリラ的に、
 必要なことは、どんどん研修して、モノにしてしまおう、というのがゲリラ研修です。
 必要なテーマが出たときに、臨時に、設定します。

 月次の社内研修は全員出席ですが、ゲリラ研修は、任意です。
 必要な人が、必要に応じて学べばいいので、強制はしません。
 でも、出た人は、絶対、ためになります。
 だって、そのときに、必要だからやっているんですから。
 学んだ人と、学ばない人では、明らかに差がでます。

 このところ、設定されていなかったゲリ研ですが、必要だね!と急遽の設定です。

 今日のテーマは、平成22年度税制改正。
 立て続けに、外部研修で、財務省主税局や、経団連さんの解説がありましたので、
 その研修出席者が講師になっての研修です。

 今日のゲリ研では、外部研修出席者さんが、単に研修報告するだけではなく、
 制度の背景や、法の趣旨の議論もできました。
 
 また、新人のSさんにも、外部研修報告をしてもらいました。
 おかげで、グループ法人課税について、触れることができたのは、何よりでした。

 最初、自分が講師ですか、と、とまどったようでしたが、
 講師をする意義をすぐに理解して、すぐに対応してくれました。
 説明が上手!
 たいしたものです。
 私は途中で事務所を出てしまったので、後を聴けないのが、残念なくらいでした。
 
 これだけ制度が変わってくると、過去の知識は陳腐化して((^^ゞ)、却ってブレーキになります。
 あっという間に、税務の旧人類になります。

 新しい人こそが、新しい制度を、最速で吸収して、旧人類へ伝えていく、
 そして、経験豊富な旧人類と、
 一緒に実務に活かして、事例を作っていく、そんな流れを作らねばなりません。

 学んでも、学んでも、まだまだ足りません。
 学んで、学んで、実務に活かして、トップランナーとして先頭を走りましょう。

by expresstax | 2010-01-20 23:21 | 事務所  

<< 遺言と遺留分減殺と配偶者税額軽減 平成22年春のお茶会 >>