鳩山首相の偽装政治資金事件は贈与税申告で決着、そして門松

 鳩山首相が、石橋家出身の母上から、政治資金として贈与を受けながら、
 贈与税申告をしていなかった事件。

 結局、贈与税を5.75億円納付することで決着をみたようです。
===============================
 贈与税納付額は5億7500万円 鳩山事務所が発表
    2009.12.28 15:24 共同配信

インド・ムンバイで、州知事主催の夕食会会場に向かう鳩山首相と幸夫人=27日夜(共同) 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、鳩山事務所は28日、鳩山氏の実母(87)からの多額の提供資金について、贈与税約5億7500万円を納付したと発表した。

 鳩山事務所によると、鳩山氏は平成20年までの7年間に実母から受け取った11億7千万円について贈与財産として申告。贈与税約5億7500万円を振り込みで納付したという。

 申告時期を迎えていない21年分の贈与9千万円については後日、申告、納付を行うという。

 鳩山事務所は「資金提供を受けていた事実を承知しておらず、申告していなかったので、贈与を受けたとされる全期間、全額について申告した」としている。
 鳩山氏は27日、インド訪問の出発前に記者団に対し、贈与税を納付したことを明らかにしていた。

================================

 贈与でない、母上から借りていたのだ、という説明は、早々に、事実と違う判断がでていました。

 贈与でも借入でもない、と言ってしまえば、母上が資金提供者の名を偽って規制額以上の額を政治資金提供したと、偽装資金となり、これは、犯罪。

 贈与だと言ってしまえば、鳩山首相が、自己の資金を自己の政治団体と政治活動に使ったことになるけれど、1国の政治家として、贈与税を無申告だったことの問題となる。
 まして、母上の相続税対策であった、ということまで報道されてしまっては。

 右に左に、お話は動いたようですが、最終的には、個人で責任を取るという決着のようです。

 5億7500万円は、もちろん鳩山首相が、自分の資金から払うんでしょうね、というツッコミは、
 国税さんが、きちんとチェックすることを期待して、です。

 ☆  ☆  ☆

 この事件が、首相に対して、あまり厳しい論調にならなかったのは、
 他のあまたの政治家の事件が、公費を、私(わたくし)するのが多いのに対し、
 鳩山首相は、私的資金を、政治活動に注入するうえでの事件。

 日本人の情感的モラルでしょうか。
 確かに、悪いことだけど、でも、たいへんだったんだよね、という。

 このあたりは、税務判断のうえでの分かりやすい事例ですので、
 どこかで、まとめてみましょうね。

 ☆  ☆  ☆

 大きな門松です。
 クリスマスツリーが片づくと同時に、飾られました。
 気持ちが引き締まります。
 いよいよ、年末です。
d0054704_1422530.jpg

by expresstax | 2009-12-30 23:44 | 相続・贈与  

<< あなたがいるから 休日部隊 >>