マイホーム買換の譲渡損の救済制度、そしてクリスマスツリー

 マイホーム買換のご相談です。

 マイホームを先行取得され、
 売却は、あわてずに、じっくりやりたい、というご設計です。
 
 ただし、譲渡については、譲渡損が生じるため、その損益通算や繰越控除の適用をお考えです。

 要件を備えているかどうかは、お持ち頂いた資料をチェックさせていただくとして。。。

 この制度は、租税特別措置法41の5として、平成21年末までの時限立法です。

 時限立法という限り、延長が法制化されなければ、期限切れをン迎えてしまいます。
 では、年内譲渡しなければならないか?

 自民党政権時代の例年でさえ、財務省の意向で、改正や規制の可能性はありましたが、
 今期は、民主党政権下で、政府税調の動向を見守るしかありません。

 個人的には、マイホーム取得者を救済しようとするこの特例、
 不動産取得マインドへの景気対策からいっても、
 マイホーム取得者への救済の必要性からいっても、
 リーマンショック後の「この時期」に廃止することは考えにくいと思いますが、
 それも、予想にしか過ぎないのは事実です。

 買換が大変な時期に、制度の継続の可能性まで、心を痛めなければならないというのは、
 とても残酷なことです。

 年末にかけて、こうしたご相談がますます増えるでしょう。

 改正情報は、逐次、お伝えすることをお約束して、
 今は、できることを最大限、がんばりましょう、とお話ししました。

 ☆  ☆  ☆

 クリスマスツリーが点灯しました。
 急に寒くなった日々。
 ライトの光に、心がともりますね。
d0054704_0215715.jpg

by expresstax | 2009-11-19 23:04 | 譲渡  

<< ポインセチアのお土産、そしてボ... 暗黙知・実務知、そして柿をあり... >>