平成22年1月からの損害保険料値上げ

 お客様の四半期報告に伺いました。

 担当のWさんは、適宜に適切に、報告書をまとめてくれていました。

 お客様は、都心ど真ん中に自社ビルをお持ちです。

 今日は、お客様のビルの屋上に案内してくださいました。
d0054704_23412037.jpg












 デザイナー学院のコクーンビル、損保ジャパンビル、三井ビル、センタービルなど、
 居並ぶ高層ビル群のど真ん中です。

 お打ち合わせの中で、損害保険料の話題になりました。

 お客様は、当然に、自社ビルに、多額の損害保険をかけてらっしゃいます。

 平成22年1月1日以降、保険対象の階層見直しが導入されるのに伴って、
 この保険料の見直しが行われ、
 ほぼ6割の契約について、保険料が値上がりになるという情報が
 弊社に入っていました。

 その場合、年内にある「手当」をすれば、この値上がりを先延ばしできる方策があるのです。

 そこで、保険証券を確認して、プロの方に見て頂こうということになりました。

 急遽、保険証書の整理、整理です。
 
 でも、こうして整理すれば、仮に、来年値上がりの対処が不要だった場合でも、
 保険を整理すること自体に意味がありますよね、とお話ししながらです。

 懸案になっていたテナントさんとのトラブルも、
 弊社の顧問の弁護士先生にお尋ねいただくことになりました。

 お伺いして、よかった、と思います。
 経営改善、どんどん、進めていきましょう。

 帰りは、一緒に、お食事もご馳走になってしまいました。
 とてもおいしかったです。
 ありがとうございました。 
by expresstax | 2009-11-16 23:38 | お客様

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax