お客様のファン

 事務所メンバーと打ち合わせていたときに、
 メンバーから、「ウチのお客様は、先生のファンですよ。」という話しが出ました。

 そうかな、それは、ちょっと、違うんですよね。

 ☆  ☆  ☆

 私は、至らないところが多く、
 お客様のご期待の数万分の一にも達していないんです。
 力が足りず、知識も足りず、メンバーの力をお願いして、
 なんとか責任にお応えしようと、がんばってはいるけれど、
 とても不十分なんです。
 だから、お客様がファンになど、なっていただくべくもないのです。

 ☆  ☆  ☆

 それを言うのなら、ほんとうは、私がお客様のファンなんです。

 ウチのお客様たちは、とても素晴らしい方々ばかりで、
 財産に対して、経営に対して、ご親族に対して、
 とても真剣で、本気で、とてもがんばってらっしゃいます。

 かつてない時代の急流の中で、
 前例のないことに、ひとつひとつ、果敢に丁寧に挑戦なさっておられます。
 ご一族のために、人知れず、心を砕いて、力の限りを尽くしてらっしゃいます。
 
 そんなお客様たちの尊いお姿を拝見しているから、
 税理士として、何とかして、お力になりたいと思ってしまうんです。

 だから、私は、いつもいつも、お客様のことばかり考えてるんです。
 
 お客様の個人的なこと、会社様のことだけじゃなくて、
 お客様の経営や財産の成功のために、あらゆる知恵を絞って、あらゆる情報を集約して、
 そればかり考えてるんです。

 それは、私が、お客様のファンだから、なんです。

 もしかしたら、お客様は、それを感じ取ったからこそ、信頼してくださって、
 何くれと、ほんとにプライベートなことや、一番大切なことを、ご相談くださるんでしょう。

 でも、それは、お客様が、私のファンなのではなくて、
 私がお客様のファンだから、なんですね。

 私が、もし、お客様のことを、ほんの一瞬でも考えない税理士になったとしたら、
 お客様は、その瞬間、私に信頼など、お寄せになるはずがないのです。

 ☆  ☆  ☆

 だから、もっともっと、お客様のために、がんばりたいね。
 一緒に、お客様のことを考えて、お客様のご成功を実現したいね。

 そうして、ウチは、お客様のファンクラブ事務所として、
 お客様の熱烈第一応援団として、
 お客様を、お支えしていこうね!

by expresstax | 2009-10-09 23:36 | お客様  

<< 仲間って、暖かい 物納の検討会 >>