借地更新料の損金算入、そしてあなたへ

 お客様の事案で、メンバーと面白い議論をしました。

 借地人が借地権更新料を払った場合の、更新料の取扱です。
法人税法施行令第139条です。

 原則としては、借地権利金の補完として、
 帳簿価格に加算して、資産計上なんですが、
 そのうち、次の算式分だけは、損金とします。
 これは、「損金にできる」、のではなく、「損金の額に算入する」のです。

 損金算入額=更新直前の借地権の帳簿価額×(更新料÷更新時の借地権時価)

==================================
法人税法施行令第139条
 更新料を支払つた場合の借地権等の帳簿価額の一部の損金算入等内国法人が、その有する借地権(地上権若しくは土地の賃借権又はこれらの権利に係る土地の転借に係る権利をいう。)又は地役権の存続期間の更新をする場合において、その更新の対価(以下この条において「更新料」という。)の支払をしたときは、その更新の直前における当該借地権又は地役権の帳簿価額に、その更新の時における当該借地権又は地役権の価額のうちに当該更新料の額の占める割合を乗じて計算した金額に相当する金額は、その更新のあつた日の属する事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入する。この場合において、その更新料の額は、当該借地権又は地役権の帳簿価額に加算するものとする。
==================================

 例えば、簿価100万円の借地権が、時価1億円になっていて、1千万円の更新料を払った場合、
 上記算式では、100万円×1千万円/1億円=10万円ですから、
 
 仕訳では、
 借地権 1千万円/ 現預金 1千万円
 更新料損金 10万円/借地権 10万円

 更新によって、増額した借地権は、990万円、結果として借地権簿価は1,090万円になります。

 では、地価が下がっていたら?
 借地更新が30年毎、と言うような場合に、なかなかレアなケースではありますが、
 ないわけではないでしょう。
 場合によっては、建替承諾料を、更新料と同様の取扱をすると、十分ありえます。

 例えば、簿価1億円の借地権が、時価8千万円になっていて、1千万円の更新料を払った場合、
 上記算式では、1億円×1千万円÷8千万円=1,250万円ですから、
 
 仕訳では、
 借地権 1千万円/ 現預金 1千万円
 更新料損失 1,250万円/借地権 1,250万円

 増額した借地権は、△250万円、結果として借地権簿価は当初の1億円を割って、9,750万円になってしまいます。

 更新料支払によって、借地権簿価は増額するかと思いきや、反対に簿価割れを起こしていきます。

 政令には、損金算入額が、支払額を超えた場合に、支払額限度とするとは言ってませんから、こうせざるをえないのでしょう。

 これはつまり、更新によって支払った更新料は、時価補填にもならず、簿価下げ効果を起こすということになるんですね。面白いですね。

 ☆  ☆  ☆

 つらかったね。
 つらかったね。
 ほんとうに悲しかったね。

 泣こうね。
 今日は、思いっきり、泣いて、泣いて、泣き尽くそうね。
 我慢なんかしなくていいよ。
 がんばったりしなくていいよ。
 強くなんて、なくていいよ。
 悲しいままに、つらいままに、今日は、泣こうね。

 私は、何もできないかもしれないけど、
 でも、私が、ここにいるから。
 いつまでも、必ず、ここにいるから。
 それだけは、忘れないで。
by expresstax | 2009-09-25 23:05 | 法人税


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。

最新の記事

お客様からのご紹介、そして夕焼け
at 2017-09-12 23:55
怒濤の相続税申告、そして秋の..
at 2017-09-05 23:35
東京税理士協同組合 組合員等..
at 2017-08-31 00:49
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-08-08 23:00
税務研究会大阪会場資産税事例..
at 2017-07-28 23:29
税務研究会福岡会場法人税事例..
at 2017-07-21 23:12
税務研究会福岡会場資産税事例..
at 2017-07-20 23:27
税務研究会東京会場資産税事例..
at 2017-07-05 23:04
税務研究会大宮会場資産税事例..
at 2017-07-03 23:08
MI情報は広大地改正テーマ、..
at 2017-06-30 23:46
税務研究会名古屋会場資産税事..
at 2017-06-27 23:26
広大地評価通達の改廃パブコメ..
at 2017-06-22 23:17
固定資産の交換特例の同一用途..
at 2017-06-15 23:04
投資の利益確定、そして銀座の..
at 2017-06-09 23:21
固定資産の交換の都市伝説? ..
at 2017-06-07 23:45
借地底地の交換、そして夕焼け
at 2017-06-05 23:44
お客様からのご紹介、そしてあ..
at 2017-06-02 23:33
ご葬儀、そして赤坂氷川保存会
at 2017-05-31 23:30
Jアラート
at 2017-05-29 23:40
平成29年度版不動産税制の手..
at 2017-05-25 23:07

タグ

(458)
(423)
(390)
(381)
(337)
(273)
(270)
(238)
(211)
(201)
(165)
(160)
(113)
(105)
(101)
(94)
(90)
(89)
(83)
(73)

カテゴリ

お客様
プロフェッショナル
提言
リクルート
事務所
お仕事
折りにふれて
耳より税金情報
相続・贈与
パブリッシング
研究
法人税
税制改正
税務調査
資産運用
譲渡
税務手続き
所得税
不動産
税理士
法律
経営
自社株
固定資産税
確定申告
国際課税
消費税
財産評価
信託・一般社団法人
富裕層課税
マイナンバー
ボランティア
マイナンバー

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

金融・マネー
経営・ビジネス

画像一覧