メルマガの失敗、そしてお客様

 事務所のメルマガを2002年2月2日から発行していました。

 数えて100号。
 
 その100号目に、とんでもない失敗をしてしまいました。

 すぐさまお詫びのメールを送りましたが、
 取り返しのつくことではありません。

 どんなに叱責・批判・非難を浴びても、
 申し訳のたつことではありません。

 そして、そのお詫びのメールを送ったあと、
 読者の方々から、メールやお電話をいただきました。

 ところが、どの方も、いずれも、
 弊社についてご心配くださり、慰めてくださり、
 暖かな励ましと、善後策についてのご助言をくださるものばかりでした。
 
 たいへんな批判の電話が集中するものと想定して、
 全て、私が謝罪するつもりで、
 事務所で待機していたところ、
 反対に、
 暖かくご慈愛のこもった応援のお言葉ばかりが寄せられて、
 ビックリしてしまいました。

 でも、こうした言葉が寄せられるというのは、
 弊社へのご期待が大きかったからです。
 ご期待に違えたことに、情けなく、恐縮し、
 ほんとうに申し訳なく、また身が縮む思いがしました。
 
 この事件を通じて、
 お客様の期待の大きさを再認識しました。

 お客様のご支援に甘えてはなりません。
 これから、さらに、厳しく、自分を律していくつもりです。

 ありがとうございました。
by expresstax | 2009-09-09 23:17 | 事務所

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax